お店

風俗に行く時は1人で行く場合もありますし、友達同僚とワイワイガヤガヤしながら行く場合と2パターンあると思います。
1人で行く場合は大体は綿密な計画を立てていくものです。
業態はどんな所がいいか、その業態の中でどのお店に行くか、そしてどの女の子を指名するか。
喫茶店やカフェなどでコーヒー片手に1人作戦会議をしている方も多いと思います。
そんな時は大体失敗しないものです。


失敗する場合の多くは友達同僚と行った場合です。
風俗とは富裕層でない限りかなりお金がかかるお遊びの一つです。
しかし、友達同僚と行く場合はかなりノリでお店を選んでしまいます。
それか発言権が強い奴の行きたいお店に決まってしまう場合が多いです。


私の場合は先輩がドMなので行きたくもないドM専門店につれていかれた時があります。
嬢も経験値豊かなのかすぐさま、私がMでない事を悟り「あなたMじゃないわね」と言われ私は「すいません、先輩に無理やり連れてこられまして」と 答えたら「じゃあ、今日であなたをMの世界に引きずりこんであげる」と、より一層ハードにとことん嬢の方にいじめられたことがあります。
Mに目覚めたかって?
全く目覚めませんでした。
嬢の裸を見れた以外は全くもってつまらない60分と無駄なお金を費やしてしまった経験があります。


このように、風俗を楽しむ上で一番大事な店選びは友達同僚と行くと大抵は自分の行きたくない、またはもっと行きたいお店があるにも関わらず行けない といった事が起こり得ます。
友達同僚とワイワイしながら行くのは楽しいです。


しかし高額なお金を無駄にしたくないなら「自分はこっちの店行きます」と 単独行動してみた方がお店選びに失敗しないものです。


Copyright © 2014 風俗での失敗例 All Rights Reserved.